上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本ではまだまだ公開中の『ナイト・ミュージアム』に主演し
全米ではウィルが主演してる大ヒット作品“Blades of Glory”
のプロデューサーでもあるベン・スティラーですが
『ナイト・ミュージアム』撮影中は共演者に悩まされていたそうです。

ben


えっ、それってロビン・ウィリアムスが調子に乗って暴走したとか?
撮影中オーウェンがノンクレジットをいい事にやりたい放題だったとか?


いえいえ、そうではないんです!
実は『ナイト・ミュージアム』で共演した猿のクリスタルに引っぱたき続けられた結果、
ベン・スティラーから笑顔が消えてしまったそうなんです。

さらに状況を悪化させたのは、スティラーには仕返しをする許可が下りなかったことで、
彼は猿の代役のぬいぐるみに八つ当たりするしか方法がなかった。



NATM-screen-shot.jpg
撮影中はたえずこんな心境だったのかも…


彼女はおむつをしていて、自分の好きなようにできないという状況から鬱憤が溜まって怒り狂っていた。あるシーンで彼女がオレを殴ったんだが、動物愛護とかなんとかいうルールがあって猿を殴り返すことができなかった。そんなことしたらソッチ方面の人たちから噛み付かれたり、なんかされることになるからね。だからやり返さなかった。その代わり代役のぬいぐるみに仕返ししてやったんだ。当然そんなことで気が晴れるわけがないから、いまだクリスタルとの間には遺恨が残っているよ。もちろん今でもぶん殴ってやりたいぐらいさ


と語るスティラーは、「オレを殴るシーンで彼女の調教師が『死ぬほど思いっきり叩け!!』と叫び続けていたのがたまらなかった」と付け加えている。

BenStiller_sm.jpg
叩き殺すぞっ!

一時期、躁鬱の症状があると噂されたベン・スティラーですが(噂ですよ)この事が影響したのではないでしょうか?w
サルに叩かれるだけではなく調教師からも間接的に罵倒されてストレスが溜まったのでしょうw

もう、この憂さ晴らしは映画の中で発散してやろうと思ったのかはわかりませんがベンの次回作は
“あの”ファレリー兄弟の作品です。いくら動物虐待ネタも多いファレリー兄弟の作品とは言え、あまり派手にやりすぎてソッチ方面の人からクレームが来て公開中止なんてことにならないようにして欲しいですねw


スポンサーサイト
この記事へのコメント
じゅーりあ さん

ナイトミュージアムの大ヒットしましたし、
ベンの作品でビデオスルーはもうないんじゃないですかね?

でもいつかフラットパックの作品でスパイダーマンのように全世界同時公開なんてのも夢見たりしますw(絶対ありえねー)

pskenji | URL | 2007/04/26/Thu 00:38 [EDIT]
こんにちは
「ナイトミュージアム」一緒にいった友人に
感想を求めたら「あの猿が憎たらしかった」と
一言、ベンが一瞬降りてきたんでしょうか。
まるでイタコ状態です~
「Blades of Glory」はベンが関わっていた
のですね、稼ぎまくってますね~
ファレリー監督との再タッグ、日本では劇場
公開になるかDVD直行になるのかも
ある意味楽しみです~
じゅーりあ | URL | 2007/04/25/Wed 10:56 [EDIT]


管理人にのみ表示
この記事へのトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。