上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週スパイダーマン3を見てきたのですが久々にみるアクション映画
とても楽しみにしていました。

主演のトビー・マグワイアは今回で契約終了との噂もあり見納めかと
じっくり鑑賞していたのですが・・・

今回のパーカー、自慢の7:3分けがどうもオッサンっぽくみえて仕方ない・・・
もう見た方はご存知かと思いますが、今回のパーカーはワイルドになったり
セクシーに踊ったりするのですが、どうもスパイディのような軽快さがないんです。
ちなみに本編中の字幕についていけず危なくスパゲティと読むところでした

しかもよくみるとパーカーのアゴに異変が・・・
に、二重アゴ??ちょっとトビーさん!いいんですかそれで!


そんな訳で前フリはこの程度にしておいて、どうせ太ったスパイダーマン
見るのならこちらのスパイダーマンのほうがワイルドでセクシーでロックですよ!


sc17.jpg

動画は続きに・・・


続きを読む
スポンサーサイト
ジャック・ブラック(Jack Black, 1969年4月7日 - )は
アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタモニカ出身の俳優・歌手である。

UCLA在学中、ジャック・ブラックは、ティム・ロビンス率いる演劇集団
"アクターズ・ギャング"に所属その縁で1992年のティム・ロビンス主演監督作品「ボブ・ロバーツ」で映画初出演。

jack-bust.jpg



その後、TVや映画にちょこちょこと数多く出演。
そして彼の強烈な個性が花開いたとされるのは、2000年公開の
「ハイフィディリティ」でのロックマニア役、最後に歌うLet's Get it Onで
わたし、胃袋破けましたw

また、1994年には俳優のカイル・ガスと共にコメディ・バンド"テネイシャスD"を結成。
1999年にはテレビシリーズも放映された。「ハイフィディリティ」や「スクール・オブ・ロック」などのパフォーマンスでも見られるように、JBは音楽の才能を持つ。


James Brown 、John Belushi にならぶ偉大なJBの一人。



フラットパックにおけるJBの位置取りは微妙な感じ。
過去にはジム・キャリーやベンと共演した“ケーブルガイ”、ウィルとフラットパック集合の“俺たちニュースキャスタ”ベンと再共演の“隣のリッチマン”などで絡んではいるものの

JBのブレイク作品は“ハイフィディリティ”であり“愛しのローズマリー”であり
“スクール・オブ・ロック”といずれもフラットパックは絡んでいない。
ベン・スティラーとの繋がりは深いが、その他のメンバーとの絡みは多くはない。
(ウィルとはアカデミーでの余興やアンカーマンの付き合いもあり悪くないと思う)

むしろアクターズギャングの関係かティム・ロビンスの恩賜を受ける事が多い。




なんだこれー!!
ジャックがナイトライダーみたい!
オーウェンもクリスティンもでてるー!

あー英語勉強しないとな!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。